2010年09月26日

職務経歴その4 平成19年〜平成22年

職務経歴その4平成19年〜平成22年
平成19年:某団体向け求人情報システムの年次定期リニューアルに参加。以後ほぼ定番仕事の一つに。LAPP系開発。

平成19年:某自治体向け、緊急貸付管理システムの修正作業に参加。Delphi使用者であることが非常に役立つ。

平成20年:エンドユーザを知らない状態で、あるモジュールの作成のみ行った。複数のサーバにおける、PINGでのネット死活監視、UDPによるプログラム起動相互監視、プロセス監視、FTPやHTTP等のサービス相互監視を行い、エラー発生時にアラートを出すもの。言語はVB.NET。一度修正が来て、次に来た連絡はOKだった。いまだにどこの何に使われているのかはよく知らない。

平成20年:某団体向け、財務処理システムの一部を担当。帳票出力部分だったが、ある営業的要請により、すべての帳票をViewの1クエリーのみで作成する必要があった。PL/SQLすら使えないという制限だった。さすがに100キロバイトを超えるSQL文を量産するのは気が引けていたが、出来上がったものは十分に使えるものだったので驚いた。超短納期・超高難易度のPJだったのだが、集まったメンバーが非常にライトスタッフであり、納期通りに完納したのが感動的だった。

平成20年:某団体向け在庫管理・経理システムの修正作業に参加。Delphi5からDelphi2007への移行作業という、非常にレアかつニッチな作業。システム全体は大き目で、テスト項目の多さに泣く。

平成20年:某印刷会社向け、年賀状注文システムの修正作業に参加。こちらもLAPP開発だが、依頼元の独自フレームワークを用いての作業だった。

平成21年:某放送局向け自動放送システムの完全リニューアル。前システムの評判がそれなりに良かったため、それを強化して新システムとして構築。社内の各PCで番組の編集作業を行い、それを自動的に放送できるものとなった。該当局のかなりの番組で利用されている模様。平成22年にかけてまだ機能追加・修正中。

平成21年:某メーカ向け、修理依頼の登録システム作成。修理件数の増加に対応するために専用端末を使わずにWebから依頼入力ができるようにするとともに、QRコードのついた修理伝票をブラウザから、専用端末から出力するのとほぼ遜色なく作成できる手法を開発(といってもHTMLとCSSだけの話です)。HTMLでの帳票設計という方向に一つの目途がついたPJ。

平成21年:某食品メーカの通販サイト修正。利用できるカードを増やすための作業だった。作業的には別にこれといって何が必要というわけではないのだが、テストだけきっちりやらないと一般のお客さまのお金に絡むところなので。

平成22年:某自治体向け河川情報システムの構築に参加。コンサル系システム。WAMP開発だった。HTML5やAjaxをふんだんに使った開発だったので面白いことは面白かった。期日の関係で途中離脱。

平成22年:某食品メーカの通販サイト全面リニューアルに参加。おそらく、北海道で一番このCMSを使いこなしているチームに僕はいるのじゃないだろうか。


【仕事関連の最新記事】
posted by Tig3r at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40943018

この記事へのトラックバック