2010年09月29日

TvRock 録画サーバの遠隔操作

前の記事で、DY-UD200を**してTvRockを使った録画サーバを構築する実験について報告したが、今回はその録画予約を、宅内ネットワーク内の別PCから行うことを実験してみる。

ちなみに我が家のPC構成だが、自分の作業場所にWindows7が一台、妻の作業場所にWindows7が一台、リビングTV下に今回作成した録画サーバとなるWindows7が一台、あと各種実験用のDBサーバ(WindowsXp)が一台、Linuxサーバが一台となっている(現役は)。ノートは5〜6台あるが計算に入れていない。
ちなみにTVはもう一台寝室に小さめのがあるのだが、こちらはこの記事の時点ではPC接続されていない。

さてTvRockの録画予約だが、実のところブラウザインタフェースであるわけで、ネットワークの設定さえ適切であれば、到達可能なPCからはすべて問題なくブラウザで利用できてしまう。気にするべきはTvRock側のセキュリティ設定、PCそれぞれの名前解決、ブラウザのセキュリティ設定、およびファイアウォールの設定だけとなるわけだ。


まずTvRock側の設定。TvRock番組表を有効にする。設定のインテリジェントタブから、「TvRock番組表を起動する」のチェックをONにし、アカウント・ポート番号を適切に(まあデフォルトでOK)設定する。認証の部分は、特に秘すべきことがなければ「認証なし」にしておけばいいが、必要に応じてユーザ名・パスワードでの認証をかけておけば、ブラウザで番組表を開く際に認証がかけられる。

TvRockの動作しているPCは常時電源入れっぱなしにしておくべきだと思う。WOLが使えるならば、WOLで起動してからTvRock番組表を見るでもいいのだが。

あと、TvRockの動作しているPCにおいて、Windowsの提供する、あるいはアンチウィルスソフトの提供するファイアウォールが機能しているはずなので、そこに8969番ポートの穴をあけておく必要がある。方法はそれぞれに異なるので割愛。繋がらなかったら確認するべし。
ついでに、この後のおまじないとして、録画サーバ上でファイルの共有を有効にして、どこでもいいから1フォルダの共有を有効にしておく。

では他のPCからサーバのTvRockを見てみる。ドメインコントローラやWINSサーバの立っている環境ならば何の問題もないことなのだけれども、そういったものがない、単にルータからIPアドレスが割り振られてそれぞれネットが使えますよ的な状態の場合、なかなか相手PCを名前で参照できない場合がある。

ブラウザを立ち上げ、アドレス欄に http://サーバのPC名:8969/nobody/ と入力してEnterを押してみる。デフォルト設定の状態で、認証なしで、かつ何の問題もなければこれだけでTvRock番組表が出てきて本項おしまい、となる。

以下繋がらなかった場合。

まず、名前解決ができていない可能性がある。そういう場合は、サーバのPC名の部分を、サーバのIPアドレス(192.168.0.何とかとか)にして試してみる。IPアドレスは電源投入のたびに変化している可能性があるので、まずサーバのところに行ってIPアドレスを確認(いろんな方法があるが、Windows7ならスタートボタン→コンピューター→ネットワーク→ネットワークと共有センター→ローカルエリア接続→詳細→IPv4アドレス を見るのが普通。あるいはコマンドプロンプトからipconfig。

それで繋がるならばネットワーク的には問題がないので、まあOK。
IPアドレスなら繋がるが名前では繋がらない場合、おまじないとして作成してあった共有フォルダを共有してみるという方法を試す。自分のPCで共有を有効にして、スタートボタン→コンピューター→ネットワークと操作し、そこに共有サーバが現れるかどうかだ。出てこない場合、アドレスバーに\\コンピュータ名\と入力してEnterを押すと出てくる場合がある。
フォルダを共有した状態で、再度http://サーバのPC名:8969/nobody/を開いてみて開けるようならば大丈夫。おそらく今後は問題なく開けるか、あるいはちょっと時間をかければ開ける。まあこれでダメならばIPアドレスで。

さてIPアドレスでも繋がらなかった場合、まずファイアウォールを一時的に無効にできるようならしてみて、それで試してみるべきだ。その状態で繋がるのにファイアウォールを有効にしたら繋がらなくなるなら、ファイアウォールに例外を適用する必要がある。詳細はその製品によるので例によって割愛。

ファイアウォールを無効にして、IPアドレスを指定しても繋がらない場合は、そもそもそのPCとサーバPCとが、論理的に同じネットワーク上にいない場合が考えられる。よくあるのは、片方が有線で片方が無線とかの場合。こういう場合は…そのままではちょっと無理なので…そして状況に応じて対処方法が多岐にわたるので…

あ、あと繋がってはいるようだけどセキュリティ上の警告が出て見えないような場合、ブラウザのセキュリティ設定を見直す。たとえばIEならば、インターネットオプションのセキュリティからローカルイントラネットのセキュリティ設定を確認する。

ネットワークに問題がある場合の対応方法は多岐にわたるのでかなり端折ったが、大体の場合、サーバのWindowsのバージョンと自PCのWindowsのバージョンが一致していれば、あまり問題なく繋がるはずだ。これで思い立ったときにいつでも番組表が見られて、そこから録画予約ができる環境の実験が行える。お試しあれ。


【Windows Media Box 実験の最新記事】
posted by Tig3r at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Media Box 実験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40997235

この記事へのトラックバック