2010年10月17日

録画したTSファイルの遠隔再生

Windows7によるセットトップボックス実験も、本丸に乗り入れる。今までの手順で撮りためられたTSファイルは、録画サーバー機の外付けディスクに蓄積されてきているが、これを別のPCで再生することを試みる。

とはいえ、Windows7のWMP12ならば、ごく普通にTSファイルが再生できるんだから、ファイル共有さえしちゃえば何の問題もなく再生できんじゃん、と思ったあなた。それは正しい。じゃあ何をわざわざ説明するのか。

生成されたTSファイルが、即時他のPC上のWMCからリモコンだけで再生可能になるように、ライブラリの共有を行うようなセットアップをしてみたいと思う。


実際にやることは至極単純だ。

  1. 録画サーバで、動画ファイルが保存される場所を共有できるようにする。
  2. 他のPCのビデオライブラリの参照箇所に、録画サーバのフォルダを追加する。


この2ステップである。
ただ、第2ステップについてはWindows7からの新機能になるので多少説明が必要だろう。

まず、スタートメニュー→コンピュータを開く。
フォルダツリーから、ライブラリ→ビデオを選択する。
画面上側
 ビデオ ライブラリ
 対象フォルダー: 2か所

となっている、2か所(それ以外かもしれない)の部分がクリック可能なので、そこをクリックすると、「ビデオ ライブラリの場所」ウィンドウが出現する。ここで「追加」をクリックし、録画サーバで共有しておいたフォルダを指定してOKすると、先ほど2か所になっていた対象フォルダーが3か所になり、フォルダ内の内容が自PCのビデオライブラリとして参照可能となっているはずだ。

この状態にしておいてからWindows Media Centerを立ち上げる。「ピクチャ・ビデオ」の「ビデオライブラリ」に追加した参照フォルダーが存在しており、そこから録画サーバの動画ファイルにアクセス可能となる。これでリモコン操作のみで目的の動画が選択可能になる。

なお、性能に依存するとは思うが、録画サーバ上でWMC他のアプリが稼働していないことが望ましく、また100M以上のLANじゃないと転送が追い付かないと思う。

【Windows Media Box 実験の最新記事】
posted by Tig3r at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Media Box 実験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41355085

この記事へのトラックバック