2014年03月23日

万年筆のお話 プレジール その2

いろいろあって、現役の普段使い筆記具になったプラチナ万年筆のプレジール。使い始めてしばらくして感じたことは2点。
  1. やっぱり0.5だとちょっとだけ太くて、手帳とかメモ帳に使いにくい
  2. ほんの少しだけどブルーブラックインクが裏写りするので、手帳とかメモ帳に使いにくい

プレジールには、今使っている0.5(M相当)の下に、0.3(F相当)のペン先があるので、そっちはそれを使うとして、インクは…
普通に考えると、プラチナのカートリッジインク、カーボン黒を入れればいいだけのことですが。。。





どうせ万年筆を使うのなら、コンバータ(万年筆の中に入れるスポイト状のもの)を利用して、インク壜から万年筆にインクを吸い上げる、という操作はしてみたいよな、というのが一点、そして、そのネーミングなりレビューなりから、ぜひ使ってみたかったインクがあって、それがプラチナではなく、セーラーの「極黒」であったのがもう一点。



ここで計画の概要は以下のようになります。
  • プラチナ プレジール 0.3を入手する
  • プラチナのコンバータを入手する
  • セーラーの極黒を入手する
  • セーラーの極黒を、コンバータを装着したプレジールで吸い上げる
  • 気持ちよく使う




続きを読む
posted by Tig3r at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具日記

2014年03月21日

万年筆のお話 プラチナ万年筆 プレジール

※万年筆といいますものは、現在では大変に趣味性の強いものでして、万年筆でググりますと、それはもう大変に体重の乗ったブログが山ほど出てくるわけで、自分の書くことなんてもはや全然残っていないんですけどね…

話は十数年前に遡り。
身内の海外旅行土産に、万年筆をいただきました。当時は聞いたことのないメーカーだったので、作りはものすごくしっかりしているけど、まあ何かその国ローカルのものでインクカートリッジとか手に入らないんだろうし、高級品ではあろうけれども、飾りものだなあと思っていました。
なので、実家の納戸に放り込んであったんですね。

数年前に実家の納戸を整理していたら、それが出てきて、ああ、そういえばこれをもらったっけと思って今見てみると、これがCROSS のタウンゼントであったことがわかりまして、さっそくブルーブラックインクを買ってきて実用に供することに。

  


使い始めてみると、ボディが非常に重いため筆圧ゼロ筆記が可能で、また重みで逃げるペン先を中心にとどめようとする指の動きが、普段鉛筆やシャープを使っているときの、動的な使い方ではなく、抑制的な使い方であるためか、はたまたインクの色味か強弱のつきかたか、あまり好きではなかった自分の字が、それほど嫌いじゃないなと思える程度には書ける筆記具であると、この年にして改めて気が付かされました。

学生のころにも、いやそれよりも前、中学生ぐらいのときからなんとなく万年筆には大人の香りを感じていて、必要以上にいろんな万年筆を買い込んでは、いつのまにか飽きたり使わなくなってインク固まったり、一度などこれは大人になってから買ったもので、確か目黒の駅ビルの文具店で、何本も何本も万年筆を出してもらって描き心地を試し、よしこれだと一本買って愛用していたら、こともあろうにキャップを外した状態でペン先からタイルの上に落としてしまい、ペン先がイスカの嘴状に、あわてて同じ品番のを買い込むも馴らしの違いかあたりの違いか同じ書き味にはならず結局使わなくなってしまったことなどがあり、あまり良い関係は作れていませんでした。

ついでに思い出したのが、さらにそれ以前に自分は何かダイヤモンドカットでゴールドの万年筆を一本戴いていたはずなのですが、それの置き場すらわからないことに気がついてしまいました。今思い返せばなんとなくモンブランかウォーターマンっぽい…


さてそうして万年筆を使い慣れてくると、さすがにこのタウンゼントのMは、中字とはいえそれはアルファベットを書くための中字。漢字を書くには太すぎてあまり向きません。こうなると日常の仕事中のメモなり伝言なりにも万年筆を使いたくなってきているので、さすがに日本字向けの中〜細字のを仕入れたいなと思い始めます。
ついでに言うと、普段ポケットに入れて開発現場で書きなぐりのメモをガシガシと書くような用途には、ちょっとタウンゼントは落ち着きすぎていて、今スチールの机で電話を肩にはさみつつ画面をにらみながらメモを取ろうとしてたのに、キャップをあけた瞬間に騒音が消え、静謐な書斎で重厚なマホガニー的な感が出てしまい、ちょっとテンポが違うんですね。
さらに言うと、クロスのブルーブラックインクはどうも古典ブルーブラックではないらしく、最初から良い色で…これが少しつまらないw

なので、日常使いのできる、軽くて安くて、それでいて書き味が良い万年筆をさがして使おう!となりました。

続きを読む
posted by Tig3r at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具日記

2012年10月01日

そろそろ来年のカレンダーを

PICT0098.JPG

10月はそろそろ来年のことも考えなければならない時期です。個人事業主としてはなおさら。
数か月にまたがるスケジュール管理や日程管理も日々の仕事の一つです。

日付を管理するにあたり必要なのはカレンダー。別に予定を書き込んだりするわけじゃないのですが、ぱっと見で数か月分の日程が一気に把握できるという点で、まだまだ紙のカレンダーに大きなメリットがあるものです。

ここ数年、重宝しているのがこの高橋書店、高橋のエコカレンダー卓上。
これは小さなプラスチックケースがついていて、そこに一月一枚のA6サイズのカレンダーが12枚入っているもので、本来一月ずつカレンダーを入れ替えながら卓上に置いておくためのものなのですが、私はこれをばらしてしまい、今月・来月・再来月の3枚のカレンダーを、目の前のクリップボードにピンナップして使っています。ちょっと目線を挙げれば時計とカレンダーが見えるし、必要なら日付のところにピンを指してもかまわないなど、非常に便利に使っています。

ピンナップすることを前提にすると、あまり大きいカレンダーは面積を取りすぎるし、長いこと置きっぱなしになるので、湿気等でカールされては見にくくなるし、けっこう離れたところから見るので視認性は高くなければならないし…といった要求をもとに選んだ結果、この商品になりました。

おすすめですよ。


posted by Tig3r at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具日記

2012年04月06日

三菱クルトガ二代目

文具に限ったことじゃないんですが、僕は何か一点「ここが他の物とは絶対的に違うんです」というアピールのある商品に非常に弱くて、その一点だけに免じて購入させていただきます、という購買行動が多いのです。そして一昨年に出会った三菱鉛筆のクルトガ。
これが、文字を書くためにペン先を上下することで、中のラチェット機構が働いて(ガジェット好きとしてはもうこのへんでだめ。ラチェットとか機構という単語に非常に弱い)シャープ芯をくるくる回し続け、芯の偏減りを防止するというメカニカルな上にもメカニカルなメカニカルペンシルで、気に入ってずっと使っていたわけです。

もともと、鉛筆を少しずつツイストしながら書く癖があったので、あまりこのクルトガ機構に意味はないかなとも思っていたのですが、さすがに1年以上ずっと使っているとこの器具に手が慣れてしまったようで、このごろは他のシャープペンシルを使うとだんだん線が太ることが、あれっ?と不思議に思うくらいになっていました。

しかし、クルトガには弱点もあったのです。


続きを読む
posted by Tig3r at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 文具日記

2009年02月11日

乾電池式鉛筆削りを買った

設計の初期段階だったり、作業中のメモだったりは、自分の場合方眼紙に鉛筆、というのが、もはやはずせないこだわりになっていて、他の道具を使っていると、どうしても気が乗らない理由をその道具に求めてしまうようになる。そのため鉛筆は常に大量に準備しているのだが、たくさんあると、けっこう削るのが手間なのだ。

鉛筆を削るにはいくつかの手法がある。
  1. ナイフで削る
    最も基本にして、削り方の調整も自由自在。道具もコンパクトだが、削る本人の集中力と技量を要し、急いでいるときに多数削ることはできない。また、手段が目的化してしまう可能性が高い。削りくずの散らばり方にも注意が必要。
  2. 一穴削りで削る
    削りあがりについては、意外に理想的な仕上がり。一枚の刃で薄くけずっていくので、削り面が毛羽立たず、またとがり方についても調整が効く。力加減で色鉛筆にも対応可能。ただし、大量に削ると結構疲れる。また、削り器が小さすぎてどこかに行ってしまいやすい。
  3. 機械式手動削りで削る
    差し込んで・ぐるぐるまわして・できあがり、という簡便さが魅力。機械式削りは細かい刃で削るので、削り面が荒れやすいのが難点。また、ハンドルを回す動作をするために、机上においてけっこうな空間を要する。何より美しいデザインのものが少なく、たまにあるデザイン性に優れた奴は、嘘みたいに高価だ。
  4. 機械式電動削りで削る
    差し込んで・できあがり、という超簡便さが超魅力。機械式削りゆえの弱点は手回しと一緒。さらに、ACモーターが結構な重さであるのと、コードが必要なことで、一旦設置された鉛筆削りは二度と動かされず、机の上に過分な領土を主張する。削り強さの調整が難しく、色鉛筆を削ることは多分不可能。
  5. 乾電池式削りで削る
    一穴削りのいいところをできるだけそのままに、弱点のみを克服した手法。削りあがりが綺麗で、押し付ける強さにより削り厚の調整が可能。電動削りに近い手軽さもある。沢山削っても疲れず、また適度なサイズで見失いにくい。それでいて乾電池式のためコードもなく、置き場に対する主張が少ない。

とまあ、(自分にとって)理想的な鉛筆削りが乾電池式削りであることは明白なわけだが、いままでなかなか購入に踏み切れなかった。なぜだ!

Amazon.co.jpにおける、乾電池式鉛筆削りのレビュー得点が、総じて低いのだ。1点。よくて2点。1点だけど本文で星なしだコラ的文章。なぜだ。乾電池式鉛筆削りはかなり使いやすい商品のはず。何かが間違っている。



続きを読む
posted by Tig3r at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具日記